Dyckia_ goehringii ( Original Clone )

自分がディッキアの栽培にハマるきっかけになったDyckia goehringiiです。もともとビルベルギアが好きで、派手な交配種ばかり集めていましたが、アメリカのナーセリーからビルベルギアを個人輸入するついでに「これだけじゃ送料割高だからディッキアも買ってみるか」ということで仕入れてみたのがこの子との出会い。
はるばるアメリカから届いたパッキンの梱包を解き、包まれた新聞紙を開いた瞬間、葉に刻まれた模様と真っ白で鋭い刺に心奪われました。下の写真は植えつけて二ヶ月経ったくらいの活着したての頃のものです。葉先の枯れ・折れなどまだダメージが残っています。この個体は思っていたより成長が早く、夏の間腰水管理にしていたせいか葉はぐんぐん伸びて、すぐに上の写真のように球体に近くなってきました。棘間隔を見ると若干徒長気味ですが。。。ところで、この「Original Clone」というのは、どういう意味なのか....?ブラジルで採種された原種という事?流通しているものはほぼ純血のゴエリンギーではないと聞いたことがありますが、、、まあそんなことはどうでも良くなるくらいカッコイイので僕にとっては大した問題ではありません。ゴエリンギーもっと沢山欲しいです。希望は子株が四方に伸びて親株を囲むような形にしたいですね。嗚呼ゴエリンギー。。。現在うちには3株いるけどまだまだ増やしたいです!

2014.11.25現在



 2014.07.14 活着したて